販売促進品による販促が広告と違う点

一般的に広告と販促の定義には次のような違いがあります。まず、広告はテレビや新聞、インターネットなどのメディア媒体を介して、伝えたい情報を社会に発信することです。その目的はあくまでも「情報の伝達」であるため、具体的な収益を上げることを前提として行うものではありません。もちろん、結果的に集客率がアップしたり、売り上げ向上につながるケースもあります。一方で販促とは、利益を得ることを第一の目的として行います。そのため、販売促進品を活用する場合にも、不特定多数の人に向けて配布するのではなく、事前に入念な市場調査を行って消費者のニーズを調べ上げ、そのニーズを満たすことができる販売促進品を制作して、効果がありそうなターゲットやエリアにて配布する方法が取られます。そのため、広告よりも更に計画的でしっかりとした準備の下に行われるのが販促です。

販売促進品とは一体何か

販売促進品には、よく商品名であったり企業の名前などが入っています。お店の名前や商品名などが入ったオフィス用品やポケットティッシュ、そしてお菓子などの食品にもついていますが、しっかりと販促品には商品名や企業の名前、もしくは店舗名が記されていることでしょう。商品名や企業の名前などを加えることにより、販促品を使っている本人の他に、周りの方たちに商品名や企業の名前をアピールすることが可能です。それと、販促品をつけることで消費者の購買意欲を高ぶらせるという効果が期待できます。販促品がついている商品とそうでない商品とでは、販促品のついている商品の方が気持ちお得感があることでしょう。販促品の単価はそこまで高くはありませんので、ひとつでもいいので付け加えるだけで、売上アップと宣伝効果の二つが期待できますのでチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

身近な販売促進品について

販売促進品には、商品名や企業名などが入っているのをよく目にすることでしょう。ショップ名や商品名が入ったオフィス用品やポケットティッシュ、それからお菓子のような食品にも入ってたりしますが、販促品には必ず商品名や企業名、あるいはショップ名が入っています。商品名や企業名などを付け加えることにより、販促品を使っているその人以外にも、周囲の人に商品名や企業名などのアプローチをかけることができます。つまりは、ナチュラルな形で宣伝をすることができるということです。それと、販促品を付け加えることにより、消費者の購買意欲アップの効果があります。販促品のある商品とない商品とでは、販促品のある商品の方がちょっと得した感覚にもなれます。販促品の単価は決して高くはありませんので、一つでもいいですので販促品を付け加えることにより売上も伸び、そして宣伝効果が期待できることは間違いないでしょう。